Boot-Leg JSR-1.0 限定モデル

boot-leg-jsr-1.0-jimmy-model
boot-leg-jsr-1.0-jimmy-model

Boot-Leg JSR-1.0 限定モデル (boot-leg-jsr-1.0-jimmy-model)

定価(税込)
¥32,400
販売価格(税込)
¥29,700
在庫状態 : 在庫有り

〜メーカーサイトより〜

空間系エフェクターのこだわりとして自身の過去の体験を振り返ると、44MAGNUMのアルバム「Street Rock’n Roller」の頃までの主にコーラスペダルを使用していた時期と、アルバム「Actor」から「Emotional Color」に至るまでのいわゆるディメンジョンを使っていた時期があった。その後はコーラス系的な効果にはなんとなくそれほど関心が持てなくなってしまい、一時フェイザーやフランジャーをボードに常備していた時期もあったが、結局、出来るだけナチュラルなクリーン、クランチ、ハイゲインのみのサウンドメイクで、つい最近まで通して来てしまった。
そんな中、近年、クリーン、クランチサウンドに対してのやはり何かしらディレイ以外の空間系エフェクト効果が欲しくなり、Boot-Leg.に制作を依頼したところ、なんとドライサウンド等はもちろん、ハイゲインにも充分に耐えられるコーラス効果が実現した。これはデビュー前からのある意味、理想のひとつ。通常、コーラスペダルでは歪ませたソロワークでの音像はどうしても散漫になっていたし、いわゆるディメンジョン的なものでは、クリーンサウンドでのアルペジオやある程度歪みのあるコードワークに対応できたものの、やはりゲインのある単音にはエッジが付いて来れないという不満があった。特にライヴでのギターソロパートでコーラス効果が欲しい時など、ディレイペダルへ切り換えることとなってしまいがちだった。
しかし今回、この長年の潜在的な欲求に応えてもらえる製品が完成するという素晴らしくラッキーな結果となった。なのでネーミングも、High-Gainなギターソロパートにも対応してくれる、つまり自らのプレイを委ねられる、という意味も込めてタイトルを44MAGNUM歴代の楽曲 『SURRENDER』 に。ソロパートでのおすすめは SPEEDダイヤル→10~11時、DEPTHダイヤル→1~2時、これはわりと病みつきになるやも!

HIROSE SATOSHI “JIMMY”

関連商品

PAGE TOP